About

image

このサイトは、プロデュース集団・studio-exp(スタジオエクスプレス)によって開催された1997年、1998年の東京芸術劇場公演についての記録・検証サイトです。
制作にあたっては、当時、studio-expのチーフ・プロデューサーであった久保田条実氏の一部協力のもと、当時の公式サイトのアーカイブ等を利用させて頂きました(現在では公式サイトは閉鎖されています)。

前世紀の終わり頃、東京のエンターテイメント界にちょっとした漣が立ちました。
既にプロとして活動していたミュージシャン、俳優、モデル、作家、演出家、カメラマン、ヘアメークアーティスト、ファッションデザイナー、グラフィックデザイナー…あるいはブレイクを目指してひたむきに活動していた将来有望なさまざまな分野のアマチュアアーティストたちが「何か新しいことをやりたい!」というただただシンプル思いを持ち寄り、そして語り合ったのがきっかけでした。
その思いは、当時、音楽ユニットJ’sY2のリーダーであった久保田条実氏やピアニストの関谷公仁子女史を中心に、ひとつの空間イベントとして具体的な形になっていきました。そう、小さな漣は大きな波紋として広がっていったのです。

あれから十年以上が経ち、当時彼らが考えていた「新しいスタイル」はもはや斬新とは言えないかもしれません。
今世紀に入ってからはインターネットの急速な普及とともに、メディアの在り方も大きく変化しました。
エンターテイメントの世界も、よりニーズが細分化され、パーソナルな単位で楽しむ傾向になってきたように思えます。
当時のメンバーの中には、その後、大きくブレイクした者もいれば、引退、廃業した者もいると聞きます。
彼らにとって、studio-expはひとつの「通過点」に過ぎません。
しかし、彼らは確かに「そこ」を通過したのです。

(2010年初夏 傍観者)

  • このサイト中に出てくる人名については、全て敬称略とさせていただきます。
  • 資料提供:studio-exp(スタジオエクスプレス)